FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-01-12 (Wed)
寒い日が続きますね。みなさん、お元気ですか?

まだ雪が降っているような寒い外の景色をちら見しながら・・・

阪急電車(有川浩)を読みました。

年末に「アソートチョコレートみたいな本よ。」とお友達に貸してもらいました。

本当にチョコレートみたいな、いろんな登場人物の恋物語がありました。

有川さんの本は、会話が楽しいです。脚本家向きな感じがします。

電車の中で、見ず知らずの人に声をかけたりする場面があるんですが、

現実には・・・と思いました。

というのも・・・

ある日、私がJRで出かけていた時のことです。

途中の駅で止まり、入り口で大声で「これは、博多に行きますか?」と尋ねるおじさんがいました。

でも誰も答えないのです。しばらくしてしかたがないので、私は「そうですよ。」と言いました。

そしたら、そのおじさんが私の横に座り話しかけてきました。

よく見ると、汚れた服に長靴、くしゃくしゃになった紙袋を持っていて、少し酔っていました。

私は、しまった。と思いましたが、そのおじさんが降りるまでがまんしたのでした。

現実はそんなものですが、この本では、いろんな物語がアップテンポに笑いあり、涙ありで

とても楽しく書かれていました。みなさんも、ぜひご一読を!!

阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
有川 浩

商品詳細を見る






















| | COM(9) | TB(0) |
2010-08-09 (Mon)
今日も暑いですね!暑い上に湿気もあるようです。

先日、クーラーの利いた部屋で読書をしました。

「買わない習慣」というタイトルの本です。

お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣
(2009/06/25)
金子 由紀子

商品詳細を見る


この本を読んで、あらためて買い物に対する意識が変わったような気がします。

家の中を見回すと、たくさんのものが溢れています。

考えて買ったはずなのに、それでもこんなにたくさん!!

そして買い物に出かけると、また、買ってしまう!

私は、ここ最近は、本当に好きなものに囲まれて暮らしたいと考えています。

本によると、コンビニで間に合わせのものを買ってしまったり、安いからと

安易に買ってしまう習慣で後悔してしまうと書いてありました。

私は、おまけも100均も好きですが、なんとなく買ったという気持ちがします。

エコの気持ちだけじゃなくて、自分自身の満足感を大事にしたいと思います。

もちろん、うまく使い分けることも必要だと思いますが・・・

言葉足らずでうまくいえないので、よかったら読んでみてくださいね!

暑い夏の日、とってもかわいい我が家のミルクちゃんの動画をアップしています。

お暇な方はこちらもど・う・ぞ!→

うさこの日記
| | COM(5) | TB(0) |
2010-06-19 (Sat)
またも、ちょっと延滞しつつ、

「横道世之介」を読み終わりました。

ということで、読書感想文です!

横道世之介は、九州の片田舎から、東京の大学にやって来た青年です。

彼が東京に出てきて大学生活を送る最初の1年が、彼を取り巻く人達の現在の様子を

間に挟みながら進んでいきました。

世之介くんとそのまわりの人たちの会話がとてもおもしろくって・・・

病院の待合室で、思わず笑ってしまったほどでした。

横道世之介という人柄になんともいえない安心感と親しみを持ちました。

人の事を気にしていないようでいて、一番気を遣っているような温かな気持ちの持ち主です。

40代になって、家庭を持ったり、ラジオ番組を担当したりしている当時の友達たち。

世之介は??

答えがわかって最後まで読んだ時、作者さんからのメッセージを受け取った気がしました。

もっと、書きたいけど・・・続きは、ぜひ皆さんで!

今日の梅雨の晴れ間の涼しい風のような感動があると思います!

横道世之介横道世之介
(2009/09/16)
吉田 修一

商品詳細を見る






| | COM(5) | TB(0) |
2010-05-30 (Sun)
今日の夕方、お向かいさんに貸していた本が返ってきました。

一瞬、違う本が返ってきたかなと驚きました。

本屋さんでつけてもらったカバーが汚れたので、むき出しのまま、渡していました。

が・・・その本が、きれいな薔薇模様の包装紙で包まれていました。

あと、お礼に韓国のミシャのパックもありました。

そのさりげないおもいやりにうれしくなりました。

そして、絵本「おかえし」を思い出しました。

私が文庫に入っていた頃、文庫のみんなで大きな作品にして子供達に喜んで貰いました。

仕事の○文の国語の中で「おかえし」が出てくると、いつも思い出します。

おかえし(こどものとも絵本)おかえし(こどものとも絵本)
(1989/09/25)
村山 桂子

商品詳細を見る


おかえしのおかえしがつづいて・・・・さいごには

とっても楽しいです。

私も、今日は本のおかえし・・・うれしかった~!!

ありがとうございました

| | COM(9) | TB(0) |
2010-05-10 (Mon)
やや淋しかった母の日も終わりました。

最近ハードな日々の中、読書を少しだけ・・・・

書評を読んで購入してしまった「下流の宴」林 真理子著です。

いつもは図書館で借りるのですが、読みたい時に借りられず、読むのが遅い私は

いつも延滞になり、どうしても読みたい時は、買うことにしています。

それで、「下流の宴」もまだ途中なのですが・・・・

主人公の由美子さんの嫌みな言葉が私たちアラフィフの気持ちを代弁してくれているようです。

どの親にとっても、子供の自立は一大事ですよね。

それを、とってもミーハー(好奇心旺盛?)な作者、林さんがとってもおもしろく

書いていると思います。これから、息子の彼女(珠緒ちゃん)がどこまで頑張るか!

楽しみなところです。

下流の宴下流の宴
(2010/03/25)
林 真理子

商品詳細を見る


それから、もう一冊は「かあちゃん」重松 清著です。

この本は、あひたんさんから教えてもらいました。

中学生の心理描写はピカイチの作者さんが、いじめを軸に

さまざまな登場人物の親子関係を書いています。

私は、どの子の母親に似ているだろう?と思って読みました。

読み終わって思ったこと・・・・

現代の母親が、昔の母親に比べて、とても頼りなく感じました。

現代が昔より複雑になってきたからなのか、情報があふれているからなのか?

親子関係に自信がなくなっているような気がします。

それでも、この本に流れているのは「愛」だなあと思いました。

母の日に読書を通して、色々母のことを考えました。

かあちゃんかあちゃん
(2009/05/29)
重松 清

商品詳細を見る




>> ReadMore
| | COM(4) | TB(0) |