123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-02-12 (Wed)
毎日、とても寒いですね~。こたつが、私のお友達になっています。

まだまだ寒そうなので、みなさまもくれぐれも風邪など引かないようにして下さいね!

私も、少し体調が悪かったのですが・・・もう、良くなりました。

今は、こたつに入って、好きな本やテレビを見て過ごしています。

しかたなしに犬の散歩に行くと、この前からの陽気ですっかり梅がほころび・・

寒さに震えているようです。

そんなときには、春らしい本を読むのもいいかも。

春限定ではありませんが、私のお気に入りの本です。

パン屋のパンセ―歌集 (かばんBOOKS)パン屋のパンセ―歌集 (かばんBOOKS)
(2010/04)
杉崎 恒夫

商品詳細を見る


故杉崎恒夫さんの第2歌集です。

90歳。透明なユーモアとかなしみと、不変のみずみずしさー

そんな帯がついています。

全季節を読まれていますが、私には、まるで訪れてくる春のような不思議なあたたかさと優しさが

この本に感じられます。


春眠より覚めるわたしはチョコレートのカシュウナッツのように曲がって

ジーンズのヒップが去って百あまりれんげの花がああ起き上がる

やさしくて怖い人ってあるでしょうたとえば無人改札機みたいな

ハムのごとき秋の夕日はぴらぴらと電車の窓にスライスされる

風の日のゆれるこころを留めておく淡青色のせんたくばさみ

地下駅に季節がふいに目をさます「春は前駅をでました」


そこはかとなく人の中にある気持ちを、うまく表現されていて、比喩がとても私好みなのです。

はやく春が来ないかな~!













スポンサーサイト
| | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。