123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-01-13 (Mon)
三連休の中日に、私と主人は映画「永遠の0」を見てきました。

原作を読んでいた主人となんとなくあらすじを聞いて知っていた私・・・

見終わった感想は、とても素晴らしかったです。

ただ、主演の岡田くんがあまりにかっこよすぎて・・・

私は別の意味でも、感動してしまいました。

パラパラ・・とゼロ戦のプロペラが回り始め、空中戦で攻防するところは、

不謹慎でしたが、気持ちが高揚してしまいました。

岡田君がゼロ戦に乗り込み、毛皮のついた帽子をなびかせ、そして

空中を回転する姿は・・・それはもう、本当にかっこよすぎて・・・

最後に、岡田くんが敵の母艦に突っ込んでいくところ・・・。なんともいえませんでした。

戦争体験者が少なくなった現代に、作者百田さんの言いたかったことがとてもよくわかりました。



今の若者、いや私たちでさえ、戦争・特攻がわかっていません。

そしてまた、人間は愚かで過ちを繰り返します。だからこそ、こういった映画で

戦争で、どれほど人々の平和な暮らしが壊されるか、考える必要があると思いました。


また、この映画は夏八木さんの遺作となっていたようです。

昨日は、成人式も行われていたようで、振袖姿のお嬢さんも沢山見ました。

平和な今を感謝して、ご先祖様に感謝の気持ちを捧げたいですね!
















スポンサーサイト
| 未分類 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。