12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-05-27 (Tue)
先日、久留米へ出かけました。

そして、そこで、私の趣味の短歌が佳作になって、こぶりの表彰状を頂きました。

IMG_20140525_204452.jpg

うれしかったです。

講演もとても楽しくて、意義がありました。

日本最古の和歌から現代短歌まで、講演資料から・・・

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠めに 八重垣つくる その八重垣を

夕されば野べの秋風身にしみてうずら鳴くなり深草の里

春の夜の夢の浮橋とだえして峰にわかるる横雲の空

霞たつながき春日にこどもらと手毬つきつつこの日暮らしつ

瓶にさす藤の花ぶさみじかればたたみの上にとどかざりけり

やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君

おそらくは知らるるなけむ一兵の生きの有様をまつぶさに遂げむ

あかあかとほほけて並ぶきつね花死んでしまえばそれっきりだよ

革命家作詞家に拠りかかられてすこしづつ液化してゆくピアノ

ガス弾の匂い残れる黒髪を洗い梳かして君に逢いゆく

孫次郎見つつし居ればはるかなる海中をしんしんと白き矢がゆく

愛人でいいのとうたう歌手がいて言ってくれるじゃないのと思う

仙川にこの子投げたし殺したしされど誰にも殺させたくなし

秋の雲「ふわ」と数えることにする 一ふわ二ふわ三ふわの雲

うつむいて並、とつぶやいた男は激しい素顔となった

ところどころを順番どおりに並べてみました。

古事記~万葉集~古今~新古今~近世和歌~短歌~戦後短歌~現代短歌へと

この移り変わりをお勉強しました。

現代は玉石混交の時代ともいわれ、秀歌の条件のひとつに、チャレンジャーであること・パッションを持つこと

などが必要なんじゃないかと締めくくられました。

日頃、勉強不足の私にとって、とても有意義で楽しい時間でした。

帰りに、大砲ラーメンを食べました。

これも、最高においしかった!!

スポンサーサイト
| 趣味 | COM(12) | TB(0) |
2014-05-11 (Sun)
昨夜、息子からラインが来ました。

あいているべ~

どういうこと?

訳はこれでした。

IMG_7292.jpg

よくわからない?それでは、これで・・・

IMG_0315.jpg

息子は、昨日は職場の先輩と野球観戦に行ったようです。

ドームの天井が開いていたんだそうです。

試合も勝って、ラッキーだったね!

来月は広島にも野球観戦に行くんだそうで・・・楽しんでね!

という私は、お出かけは連休もそんなにしていません。

これからどんどん暑くなるので、もう夏野菜の植え付けなんかも・・・

ぼちぼち楽しみながら・・・頑張りたいです。



| 未分類 | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。