123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-04-28 (Mon)
この前、行きたかった藤代清治さんの影絵を見てきました。

たくさんの展示があり、圧倒されました。

見終わった感想を書きたいと思います。

藤城さんの若い頃の絵からはじまり、暮らしの手帳、宮沢賢治の挿絵(影絵)が所狭しと

たくさん、たくさんありました。

なかでも、下に水を張り横がガラス張りになっていて横を覗くと風景が延々と続き

水面にも映された水芭蕉の風景など、趣向がこらされてとても見ごたえがありました。

そして、見終わった後、なんともいえない藤城さんの温かなやさしさが感じられました。

藤城さんの飼ってらした猫のアラメちゃんや、犬(名前を忘れました)の追悼文がすごく

心に残りました。藤城さんは、影絵の中にもその思いがありますが、世界は動物たち(人間も)すべての

ものであると言われています。

私も犬を飼っていますが、つくづく自分の人生が犬という動物を飼うことの喜びを知っているのは

うれしいことだと思います。

動物はそばにいるだけで、ほっとします。犬や猫に流れる悠久のような時をいっしょに感じられるからです。

それから、藤城さんの影絵の中に良く出てくるキャラクターの一つ、小人があります。

藤城さんの言われるのに、ひとつひとつ葉っぱを切り取っていると、そこに小人が現れてくるそうです。

小人は、辛い時や苦しい時に励ましてくれる・・・みんな、そんな小人を持っているんじゃないかと・・・

とても、ピュアですね!小人を見て、昔、読んだコロボックルを思い出しました。

藤城さんもご高齢ですが、まだまだ頑張って欲しいです。

このところ、やなせたかしさん、まどみちおさんの訃報が続きました。

どちらも共通するのは、とても自然・純粋な方だと思います。

そして、亡くなられてその大きな存在に気付かされた気がします。

また、決して早咲きではなかったような感じがします。

人々に、勇気とおもいやりを心に残して逝かれました。

今回、藤城さんの影絵を見て、あらためて人の生き様をも見せていただいたと思いました。




























スポンサーサイト
| 未分類 | COM(6) | TB(0) |
2014-04-06 (Sun)
先々週、私は主人とミルクと一緒に、糸島方面へドライブに出かけました。

菜の花が咲いて気候もよく、着いたところは・・・

1396666988351.jpg

白糸の滝です。少し下流では、もう釣り人たちが頑張っていました。

自然を満喫した後は、産直の店の伊都菜彩へ行ってきました。

お店は大繁盛!糸島産のお肉・魚・お花それからスイーツ・アイスクリームとどれも美味しそう!

クーラーボックスを持ってこなかったことを後悔したのでした。

買い物をして帰宅して・・・短歌を作りました。

そして、出来た短歌を先週の歌会に出していたのですが、

原作

白糸の滝の流れの春浅し太公望は釣り糸垂れる

雷山のなだりを駆ける佐保姫の足跡そっとすみれ草咲く

改作

白糸の滝の流れの春浅し釣り糸垂れる人二、三人

雷山のなだりを駆ける佐保姫の裳裾にふれてすみれ草咲く

このように、先生に直していただきました。

釣り糸を垂れる太公望は当たり前のこと、佐保姫はお姫様だから足跡はちょっと・・・ということでした。

短歌のA先生はいつもきびしいです。ありがたい事なのですが、どう作ればいいのか・・・わからなくなります。

私の場合、語彙力がすごく少ないのです。また、知識もありません。

佐保姫という春の神様もつい最近知ったばかりです。ちなみに秋の神様は竜田姫だそうです。

そんな時、あせってはいけないと思い返します。

私が働いている○文の生徒たちは、いつも2・3学年先の難しい問題を少しのヒントを手がかりに

頑張って解いていきます。先日は、泣いている子もいました。

わからないことを勉強するのは、大変でしょう。自分もどうやったら上手くなるんだろうと考えます。

短歌の先輩Iさんが、勉強していくうちにスポーツで筋肉がつくのと同じように

自然に出来るようになるわよ。とアドバイスしてくれました。

先生の言葉を素直に聞いて、日々こつこつやるしかないんだとあらためて思いました。










| 趣味 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。