12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-02-24 (Thu)
それは、先週の木曜日のお昼ごろのことでした。

私が、何気なく部屋からチャツピィーの小屋を見ると、犬小屋の近くに嘔吐物がありました。

あわてて出てみると、今度は水を飲んだだけで、またもどしています。

ちょうど、代休で出かけていた主人が帰ってきて、「多分、風邪をひいたんだろう」と言って

二人で、身体をバスタオルで拭いてやって、ドライヤーで乾かしました。

でも、いつもの元気がなく、様子がどうもおかしいので、先生に見てもらうことにしました。

いつもは、午後3時からの診療でしたが、先生が早めに見てくださいました。

車で連れて行くときも、車の中でよたよたしていました。

先生がチャッピィーを見るなり、眼球の揺れに気付いて「前庭疾患ですね」と言われました。

加齢によるもので、人間のメニエール病みたいに平衡感覚がおかしくなるのだそうです。

それで、チャッピィーもわずかに左側に顔が傾き、ビクターのマークのみたいです。

後ろ足も、以前より衰え、ぶるぶるとやっと立っている状態でした。

注射を打ってもらい、お薬もいただきました。が、「食欲が戻るのに3日~1週間ほどかかり、

老齢なので、体力が心配ですね」と言われました。

それから、ことを考えて、昼間は南側の玄関先に、夜は玄関に入れています。

月曜日、私が仕事を終え帰宅すると、いつものようにキャンキャンと鳴き叫ぶこともなく・・・

私は、思わず泣いてしまい、に今まで鳴いてうるさかった時、水をかけたりして

ごめんねとあやまっていました。人間の身勝手というか・・・とにかく、もう散歩にも行けないと

思ってとても悲しかったです。

が、徐々に回復し、ご飯は好きなものだけですがだいぶ食べれるようになりました。

散歩も行きたそうにするので、よろよろしながら行けるようになりました。

が、「まだ、大丈夫よ!目が死んでないもん。」と勇気づけてくれ、

チャッピィーも少しづつ元気になりほっとしています。

201102210848000.jpg










スポンサーサイト
| ペット | COM(11) | TB(0) |
2011-02-08 (Tue)
週末に、連休だったが、熊本の阿蘇に連れて行ってくれました!

熊本インターから1時間半ほどかけて、目的地にやっと到着です。

なにせ、目的地の仙酔峡までの坂道では、道路の片側半分が日陰で凍っていて

当日はどうにか普通のタイヤで行けたのです。

仙酔峡のロープウェイ乗り場の半分以上がまだ雪に覆われていましたよ。

まずは、見事な仙酔峡の凍った滝をご覧ください!

IMG_4440.jpg

氷柱をまじかに見ようと近づくのですが、は普通の靴でブーツの私も

つるつるして必死でした!

そして、に撮って貰った以下の写真です!

IMG_8165.jpg
これが滝を横から見た写真です。

IMG_2503.jpg
下から見上げた写真です。薄いコバルトブルーですね!

そして、これが名づけて氷のカーテン?ですよ!滝の裏に入り撮っています。
IMG_3042.jpg

今年は、とても寒かったおかげで、思いもよらない自然の贈り物を私たちも見ることが出来ました。

も私も、あまりの素晴らしさになんていったらいいのか、言葉もありませんでした。

とにかく凄かったです!

自然のパワーを頂き(パワー注入)で阿蘇を後にしました。

冬の阿蘇もとても綺麗でした!
IMG_0878.jpg

帰り道、蛇石神社にもお参りしました。

IMG_2327.jpg

IMG_2612.jpg
私たちは、はじめてここに来ましたが、なんと・・・

この神社には、白蛇のご神体がおまつりされているのです。

神社の右奥につがいの白蛇さまと赤ちゃん白蛇さまがいらっしゃいました!

とてもご利益がありそうで、神社の中には、宝くじが当たった方のお礼の手紙などが・・・。

みなさんにも、白蛇さまを見ていただきたかったのですが、ご神体であるし、

写真は撮りませんでした。

ここでまたパワーアップ?して、次は

夕飯は、熊本市街のうまか屋というところで、

馬刺し、レバ刺し、馬肉の入ったうどんすき、ピラフを食べました!

うまか屋は、が以前行った事がありお薦めのお店で、私にも

食べて欲しいと連れて行ってくれたのです。

私は、生ものはどちらかというと苦手でしたが、こちらの馬刺し、レバ刺しは

とても美味しかったですよ。

お勘定をしてお店を出ようとしたら、「どこから来られたと?」と聞かれ

「福岡です。」と答えると、「まあ!今度、福岡にお店を出すったいね。ぜひ、来てね!」

と言われて、とてもうれしく、ぜひ行こうと思っています。

こうして、楽しく過ごして、ハイウェイをまるでマリオカートのようにぶっ飛ばす

ひやひやしながら、無事に帰ったのでした!


















| | COM(14) | TB(0) |
2011-02-04 (Fri)
猫谷姫さまのブログ→姫のあるがままでいいじゃん♪♪の子供さんの事について書かれた記事を見て

ずうっと昔、親業という講座を受けた事を思い出しました。

我が家の長男が幼稚園に入園したばかりの20年ほど前の事です。

当時、福岡市内に住んでいて、近くの公民館に本を借りに行っていました。

ある日、公民館の方から、その講座を教えてもらい、行くことにしました。

同じ幼稚園のお母さんも、「ぜひ行きたかった!こんなに近くであるなんて、ラッキー!」

と言ってあり、何も知らなかった私でしたが、とても幸運でした!

下の娘を託児してもらい、お勉強です。

年齢の異なるお母さん方、男性も少しいらっしゃいました。

子育てに限らず、あらゆる人間関係において役立つ言葉のかけ方の練習など

さまざまな場面を想定して、ロール・プレイングしたりしました。

あまりくわしくは覚えていないのですが、長男が幼稚園に入園したばかりで

何事につけ、早く早くとせかしていた自分を反省させられました。

まず、相手の話を聞いて、それから自分メッセージを出す。そんな内容だったと思います。

あなたの子供は  あなたの子供ではない

待ちこがれた生そのものの息子であり  娘である

あなたを経てきたが  あなたから来たのではない

あなたと共にいるが  あなたに属してはいない

あなたは愛情を与えても  考えを与えてはならない

なぜなら  彼らには彼らの考えがあるから・・・

あなたが彼らのようになる努力はしたとしても

彼らをあなたのようにすることを求めてはならない

なぜなら  生は後戻りしないし

きのうのままにとどまりもしないのだから

      
    ギブラン  「予言者」


講座の終了にこの言葉をいただき、台所に貼っていました。

感情的になったり、自分の都合で子供たちを叱っていると、

主人にその張り紙を見るように言われました。

子供が幼い頃には幼いなりの悩みが、子供が大きくなっても悩みはつきません。

ふと、また目にしたこの言葉、そうだなあと気持ちを新たにしました。


| 未分類 | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。