123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-24 (Thu)
先日、「クレヨンしんちゃん」の作者の臼井儀人さんが亡くなられました。

思いがけない転落事故で、本人はもとより、家族の方、「クレヨンしんちゃん」を

楽しみにしていた私たちにとって非常に残念なことです。

成人を過ぎた我が家の子供達が、それこそしんちゃんと同じ幼稚園児だった頃に

TVで放送が始まりました。

あまりの品の悪さに、友達のお母さんで見せていないという方もいらっしゃいました。

我が家では、しんちゃんがおじいちゃんと「ぞーさん」とするところなど、

笑いあっていました。たしかに品は良くなかったかもしれないけど、

子供に媚びない楽しいマンガでした。

によると、PTAなどの苦情でげんこつなど減っていたといいます。

我が家の子供達は大きくなってからもクレヨンしんちゃんの映画が

大好きで熱心に見ていました。

まだまだ続くと思っていたのに、とても残念です!

ご冥福をお祈りいたします。
200909241154000.jpg





スポンサーサイト
| 未分類 | COM(5) | TB(0) |
2009-09-16 (Wed)
お仕事のない日の午前中、私はお向かいさんから借りていた本を読んでいました。

そこへ誰かがやってきて、インターホンが鳴りました。が、しかし、出られない!

涙でくしゃくしゃになった顔で出れる訳がありません。

ミルクちゃんが、「ピンポーン」を聞きながら、なんで出ないの~と

不思議そうに見つめますが・・・・

その本の題名は、「愛、深き淵より。」作者は花の詩人とも言われる星野富弘さんです。

不慮の事故で肩より下がすべて麻痺の星野さんが

筆をくわえて綴った生命の記録です。

私も以前、読んだことがありましたが、

今日、また読んで、あらためて大きな感動を得ました。

私のへたな感想より、実際に読んでみて欲しいと思います。

少しだけ、抜粋すると・・・・

体のどこかが、人の不幸を笑っている。

人のしあわせがにがにがしく、

「あいつもおれみたいに動けなくなればいい」

と思ったりする。

体の不自由から生じたひがみだろうか。

心の隅にあったみにくいものが、

しだいにふくらんできたような気がする。

自分が正しくもないのに、

人を許せない苦しみは、

手足の動かない苦しみを、

はるかに上回ってしまった。

ただ花を見て、

白い紙に向かっている時だけ、

その苦しみを忘れる。




たしかに形のあるものはなにひとつ持っていない。

けれども、数多くの目にみえるものを支えている目にみえないもっと大切なものを、

長い苦しみと絶望の果てから与えられ、それが心の中で生きづいているような気がする。



故郷を出て故郷がみえ、失ってみてはじめてその価値に気づく。

苦しみによって苦しみから救われ、かなしみの穴をほじくっていたら喜びが出てきた。

生きているっておもしろいと思う。いいなあと思う。













200909161216000.jpg




| | COM(4) | TB(0) |
2009-09-13 (Sun)
今日は、秋晴れの気持ちよい日曜日。

週末は、ゆっくり朝寝坊の私!主人は早起きして、そうっと、そうっと・・・

ゴルフの練習に行きます。私がやっと目を覚ました頃に帰ってくると、

二匹の愛犬のお散歩です!

この頃は、別ブログにばかりミルクちゃんの写真を載せていましたが、

今日は久しぶりのミルクちゃん登場です!

パパと仲良くお散歩をして(うんちもおしっこもして)

帰ってきたら、お風呂に直行で、パパが朝シャンをしてくれます。

朝ご飯をもらって・・・早起きのパパと一休憩です。

パパの腕枕・・・気持ちよさそう!

起こさないように、写メを撮ったら、ぶれてしまいました~

200909131327000.jpg
| 未分類 | COM(5) | TB(0) |
2009-09-03 (Thu)
9月になり、政権も大きく変わりましたね。

政治は、難しくってなんとも言えないのですが・・・・

コロコロ変わるマニフェストについて行けない私です。

ほんの数年前に「コメ百俵の精神」を聞かされた私たちでしたが・・・

ただ一人の主婦として思うことは、子供達の未来が明るいものであってほしい。

それだけです。

先日、あるブログを見ていて、若者の雇用情勢がほんとに厳しいんだと知りました。

我が家のも働きだして、半年近くなりましたが、

残業も多く、身も心もくたくたのようです。

夜遅くに帰宅したのシャツを洗濯機に放り込み、

ご飯を食べているの話を聞きます。

どうフォローしていいのか、いつも迷いながら・・・

ある日の新聞にナイスな記事がありました。

引用しますので、皆さん、読んでくださいね!

 困難は将来への「幸せ預金」です

             主婦 ○○○子

古里の友人から久しぶりに電話がありました。彼女の古里言葉には、

私をたちまち元気にしてくれる魔法の響きがあります。しかし、今回は

様子が違っていました。仕事のことで悩み、落ち込んでいたのです。

「今日は幸せ預金をたくさんしたんだね」

私がこう言うと、彼女は「何それ」と問いかけてきました。

「困難にぶつかっても、近い将来にきっと利子が付いて大きな幸せになって

返ってくる。しばらく我慢してみよう、という私流の法則だよ」と説明し、

励ましました。難しい問題に直面すると、気持ちの切り替えは容易では

ありません。でも、「幸せ預金」だと考えてみてはどうですか?

だそうです。

これからの困難な時代・・・こんな気持ちを持つことも大事かなと思いました!






| 未分類 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。